医療脱毛のデメリットとは何か

医療脱毛で全身脱毛をする場合

医療脱毛で全身脱毛をする場合、サロン脱毛より少ない数回で綺麗に脱毛効果があるので忙しい合間にも通える、医師が施術を行うのでデリケートな部分も安心と言われ病院で全身脱毛を受ける人も多くなっています。


しかしそういったメリットだけではなくデメリットも存在します。
病院で行う医療レーザーは確かに非常に効果高く、少ない回数でサロンより仕上がりが綺麗です。
それはサロンでは使用する事の出来ない高出力のレーザーを使用する事が出来るからです。


高出力のレーザーは強い光線を肌に照射するのでサロンで使用される物より効果がありますが、肌への負担も多く、肌トラブルを起こす可能性もあります。
施術後に炎症や腫れが出る事があります。
レーザーは体のメラニン色素に反応するので、ほくろや、アザ、日焼けした肌などに照射するとその部分が火傷を起こす事があります。


特にメラニン色素の多い部分に強く反応するのでデリケートゾーンやバストトップ付近も注意が必要です。
施術後のアフターケアをきちんと行いクールダウンする事、施術後は日焼けをしない肌を傷める行為はしないなど個人でも気をつけなければなりません。


その他のデメリットは休止期の毛には反応しない事です。
毛のメラニン色素に反応し毛母細胞や毛乳頭を破壊して脱毛をするので成長期の毛根に反応しません。
その為毛の成長期に合わせて通い照射しなければなりません。
白髪や細い産毛にも反応しにくいので効果が出にくい可能性があります。


さらに病院での脱毛はサロンに比べ費用が高価です。
全身脱毛をするにあたり高額な費用がかかります。
その他では、個人差はありますがサロンに比べ痛みも強いので全身脱毛を希望する時はデリケートな部分や肌の弱い場所、顔など他の部分に比べ痛みを強く伴う事がります。

ディオーネ完全ゼミなどの口コミサイトを参考に、デメリットをよく考えて、カウンセリングや体験やお試しを受ける事が大切です。